給与計算のアウトソーシング、代行、業務委託は東京の野﨑社会保険労務士事務所

東京都千代田区富士見2-6-9雄山閣ビル5階

0120-53-0290

お問い合わせ
MAIL TEL MENU

給与計算アウトソーシングについて

  • TOP
  • 給与計算アウトソーシングについて

給与計算、外部に頼むなら?

給与計算代行委託の候補となる、税理士、社労士、給与計算アウトソーシング会社それぞれに給与計算を委託したときのメリット・デメリットを見ていきましょう!

税理士の場合

税理士とはその名の通り、税務に関するプロ。簿記を専門的に学んでいるため所得税や法人税など各種税法の知識に長けており、年末調整といった税金関連を得意としています。
お客様が数名規模の会社で、社会保険料など細かい点にそこまでこだわらないなら、税理士に委託するほうが安価で済むと思います。顧問の税理士にサービス価格で給与計算も行ってもらえる場合もあるでしょう。
ただし、税理士は労働保険・社会保険の手続きができませんので、税理士に給与計算を依頼する場合は、手続きは別途社労士に依頼する必要があります。

まとめると…

  • 税理士は税金のプロ
  • ただし、労働保険・社会保険については専門外なので給与計算と手続きをバラバラに依頼する必要がある

社会保険労務士の場合

社会保険労務士とは名前の通り、社会保険と労務に関するプロ。ですが、「具体的に何をしてもらえるのかわからない」という声も少なくありません。簡単に言うと、社労士の専門領域は社会保険料及び労働時間の計算といった、給与と直接結びつくものです。加えて、労働保険・社会保険の手続きや、就業規則の作成・届出、厚生労働省系の助成金の申請といった業務も認められています。
社労士に依頼する一番のメリットは、給与計算と労働保険・社会保険手続きを一括で依頼できるという点です。毎年のように法令が改正される社会保険料の計算は、給与計算業務においても間違いが多い領域です。会社が数名規模であっても保険料や残業代の正確さを求めるのなら、給与計算と併せて社労士に委託したほうが効率的と言えるでしょう。
ただし、規模が1,000人を超えると、社労士では対応できない可能性があります。そのため、企業に適切な給与体制をシステム開発から給与計算実務までトータルで手がける、給与計算アウトソーシング会社に委託するのがおすすめです。

まとめると…

  • 社労士の専門は社会保険料及び労働時間の計算業務
  • 法改正が頻繁にあり、また、作業ミスが発生しやすい社会保険料・残業代の計算が正確にできる
  •           
  • 給与計算と労働・社会保険の手続きを一括でできる
  • 規模の大きい企業だと社労士の手に負えなくなる可能性がある

給与計算専門アウトソーシング会社の場合

システムに強い給与計算アウトソーシング会社であれば、勤怠システムからWEB給与明細までトータルサポートしてもらえます。また、こういった業者は一般的な税理士・社労士事務所よりも大規模組織化されているため、人員が安定しているのも特徴。
ただし、経験の浅いスタッフが実務にあたるようなケースもあり、システム・組織面だけでなく、スタッフの実務能力、品質面を十分に精査する必要があります。なお、労働保険・社会保険の手続きをアウトソーシング会社が代行するのは違法なので、注意が必要です。

まとめると…

  • 従業員が多い企業は、給与計算専門アウトソーシング会社に依頼するのがおすすめ
  • 勤怠システムの構築からWEB給与明細までトータルで対応できる
  • 品質面は精査が必要!また、社会保険手続きなどは代行できません

事業者様は1名から対応可能!

野﨑社会保険労務士事務所は1名~数十名規模の事業者様を中心に、給与計算業務をお引き受けいたします!
(※100名以上の事業者様は別途協議いたします)
もちろん労働保険・社会保険の手続きといった人事労務サービスもまとめてお引き受けが可能です。
また、当事務所は助成金に強い社労士事務所でもあるので、起業時の支援や助成金など、会社の状況に応じてコンサルティングを行います。

下記ページも続けてご確認ください!

業務の流れ
就業規則作成サービス
料金一覧
導入事例
選ばれる理由
よくあるお悩み
TOP